海音窯:近藤寧のその他作品

▼ 志野 (Shino)

戦国の世に生まれ,ごく短い間作られた古志野。侘び茶の道具として,桃山の美をかもしだす。志野の肌は淡雪のように白く,その素地からは羞じらうような紅がさす。

海音焼志野花器

Shino flower receptacle



海音焼志野茶碗 Shino tea cup (for tea celemony)




▼ 青磁(seiji)


中国で長い時間をかけて積み重ねられたやきものの最高峰。「雨下天青」(うかてんせい)を理想とし雨上がりの空の青さのたとえどおり光の乱反射による発色である。

海音青磁水指 Seiji Mizusasi


海音青磁大壷 Seiji Ohtsubo



▼ 信楽 (Shigaraki)

古信楽の美しさは土味,すなわち肌の美しさ。利休らがこよなく愛した枯淡澄明な陶。 世の移り変わりに応えてきた健康な民具,信楽焼は素朴で活力ある日本人の心のふるさと。

海音焼信楽花器 Shigaraki flower receptacle


海音焼信楽大壺 Shigaraki flower receptacle



▼ 織部 (Oribe)

武人 古田織部の茶は斬新かつ自由奔放 侘び茶の思想の中にともに飲食する楽しみを取り入れた使うやきものは大胆不敵な造形新鮮な釉色釉溜は碧たんの美しさ

海音焼織部花器 Oribe flower receptacle



▼ 黄瀬戸 (Kiseto)

灰釉陶の長い歴史の中で桃山時代のほんの一時期油揚げ手と呼ばれる美しい黄瀬戸が焼かれたしっとりとした黄色い肌鮮やかな緑柔らかい鉄釉のこげそれは戦国の世に花開いたあまりにも日本的な美


海音焼黄瀬戸輪花鉢 Kiseto rinkabati



▼ 伊賀 (Iga)

突如として登場しまた消えていった桃山の茶陶伊賀。端正な形態をあえて変形させる破調美 激しい炎にさらされ生じた焦げや緋色  きらめく美しいビードロ釉それは世界に先駆けた純粋抽象芸術。

海音焼伊賀水指 Iga mizusasi